編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール
日本株展望

コロナ前より半値戻し、日経平均上昇続く--「押し目待ちに押し目」ある?

ZDNet Japan Staff

2020-05-12 10:40

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 半値戻しを達成した日経平均
  2. 安値でうまく買えなかった投資家はどうしたらいいか
  3. 二番底はあるか

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

半値戻しを達成した日経平均

 5月11日の日経平均株価は前週末比211円高の2万390円となった。これでコロナショックによる下げ幅の半値戻し(2万318円〈※注〉)を達成した。

※注1:コロナショック前の高値(1月20日2万4083円)からショック後の安値(3月19日1万6552円)までの下落幅は7531円である。安値から下落幅の半分(3766円)戻した2万318円が半値戻し達成となる水準である。

 安値をつけた後は大きな波乱もなく、順調に上昇が続いてきた。世界景気が急激に悪化する中、いわゆる「不況下の株高」である。

 違和感を覚える投資家も多いが、株価の先見性を考えると、筆者は特に不思議には感じない。もし半年~1年後に世界経済が正常化に向かうならば、それを織り込んで半年~1年前に当たる今から株価が底打ち、反発を始めるのはよくあることだからだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]