編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

Slack、アクセス障害が発生--サービスを利用できない状態

ZDNet Japan Staff

2020-05-13 09:24

 5月13日午前9時ごろからビジネスチャットツール「Slack」を利用できない状態が続いている。Twitterなどでもサービスにアクセスできないとするユーザーの声が多く投稿されている。最新の障害状況については、Slackの公式ページで確認できる。

 同日午前9時30分ごろから一部のユーザーでサービスの利用が回復している模様。ただし、依然として不安定な状態が続いており、上述の障害情報でもアクセス障害の原因を調査中だとしている。

 同日午前11時26分、Slackはサービスが完全に復旧し、全てのユーザーがアクセスできるようになったことを明らかにした。

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、リモートワークの実施が広がる中、コミュニケーション手段の一つとして、幅広い企業や組織でSlackの導入が進んでいる。直近でも全世界でユーザー数が1000万人を超えるなど、利用が急拡大していた。

Slackの障害ステータス
Slackの障害ステータス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]