マイクロソフト「Outlook」ウェブ版にGmailのようなテキスト入力予測機能--近くリリースへ

Alexandra Garrett (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2020-05-13 11:10

 「Outlook」で電子メールの作成や返信がもう少し簡単にできるようになるかもしれない。Microsoftは、「Gmail」の「Smart Compose」に似た、次に入力する単語や語句を提案するテキスト予測機能を、「Outlook.com」とウェブ版のOutlookに追加する計画だ。

Outlook
提供:Mircosoft

 The Vergeが発見したサポート文書によると、Tabまたは右方向キーを押すと、提案された候補のテキストを承諾できる。入力を続ければ、提案を無視することが可能で、提案された修正候補のテキストは消える。

 また、Outlookのインテリジェントなテクノロジーで、会議の予約を提案できるほか、ユーザーが最近作業していた関連ドキュメントの一覧から添付ファイルの候補を選択することも可能になる。Microsoftは、作成した電子メールの送信日時をユーザーが指定できる「Send later」機能も開発中のようだ。

 「Microsoft 365」のロードマップによると、Microsoftはテキスト予測機能のアップデートを5月中にリリースする計画だ。Send later機能は6月末までに提供される可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]