編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

マイクロソフト、5月の月例パッチを公開--111件の脆弱性に対処

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-13 11:50

 Microsoftは米国時間5月12日、月例セキュリティパッチ「Patch Tuesday」をリリースした。今回のパッチでは111件の脆弱性が修正されており、「Microsoft Edge」や「Windows」「Visual Studio」「.NET Framework」を含む12の製品が対象となっている。

Microsoft

 今回対処された脆弱性の数は、3月の115件4月の113件に続いて大きな数字となっている。

 Microsoftは3月と4月の月例パッチで、悪用される恐れのあるゼロデイ脆弱性に対処しているが、今回のリリースにはそういった脆弱性に対するパッチは含まれていないようだ。

 以下は、今回対処された脆弱性のうち、将来的にユーザーに対する攻撃として利用される可能性のあるものの一部だ。

 5月の月例パッチの詳細、Microsoft以外の主な企業が公開しているセキュリティアドバイザリーは以下の通りだ。

  • Microsoftの公式ポータル「Security Update Guide」には、すべてのセキュリティ更新プログラムがフィルタリング可能な表にまとめられている。
  • 米ZDNetもセキュリティアップデートについて1ページにまとめて掲載している。
  • Adobe関連のセキュリティ更新情報は、公式サイトで詳しく説明されている。
  • SAP関連のセキュリティ更新も公式サイトで公開される。
  • VMware関連のセキュリティ更新も、公式サイトで詳しく説明される。
  • 「Firefox」のセキュリティアップデートは先週、「Firefox v76」のリリースとともに公開されている。
  • 「Google Chrome」のセキュリティ更新情報は、先週リリースされている。
  • 2020年5月の「Android Security Bulletin」も公開されている。
  • この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]