編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

日野皮フ科医院、新型コロナ対策で「Zoho One」活用--オンライン診療を迅速かつ低コストに

NO BUDGET

2020-05-13 16:36

 日野皮フ科医院は、福岡県福津市で1985年に開業した医院。同医院は、新型コロナウイルス感染拡大への対策として、ゾーホーが提供する統合パッケージ「Zoho One」に含まれるオンライン会議システム「Zoho Meeting」などのアプリケーションを活用することで、オンライン診療を迅速に実現させた。

 同医院では、2017年に顧客管理システム「Zoho CRM」など、約45種類のアプリケーションが一体となったZoho Oneを導入した。Zoho Oneについて、同医院は他社のサービスと比較してアプリケーションが豊富で、しかも月々のランニングコストがリーズナブルだったことや、カスタマイズが容易に行えることを評価している。

 新型コロナウイルスの感染が深刻になり始めた3月中旬頃から、Zoho Oneを使ってオンライン診療システムを構築した。ITエンジニアのような特別なスキルもいらず、既存のアプリケーションを組み合わせるだけで、容易にシステムを構築することが可能となった。

 オンライン診察システムでは、申し込みフォームをクラウド型アンケートシステム「Zoho Survey」 で作成している。それらの情報はZoho CRMのデータベース内の情報と関連付けられており、診療日が決まればオンライン診療のスケジュールが登録され、患者にはメールで日時やアクセス先のURLが自動送信される。実際の診療は、オンラインウェブ会議システム「Zoho Meeting」を通じて行い、診療後の薬の受け取りは、薬局にファクスで処方せんを送信し、患者が薬局に取りに行く仕組みとなっている。診療費はPayPalアカウントと患者の情報をZoho Oneで連携させ、クラウド型会計システム「Zoho Books」で請求書を発行し、PayPalを通じて支払いが行われている。

 これらのシステム導入はリピート率の増加に大きく貢献しているという。患者からは「リマインドメールをもらえるので、予定を忘れずに済み助かっています」という声が数多く寄せられ、当日のキャンセルも減少した。Zoho CRMの活用により患者にフォローメールを送信するなどアフターケアが行えるようになり、その業務を自動化できている。こうした施策を進めた結果、美容皮膚科ではZoho CRMの活用前と比べて2倍以上の売り上げを実現したという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]