編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

トッパン・フォームズ、請求書処理に特化したAI-OCRサービス--約5000パターンを読み込み精度向上

NO BUDGET

2020-05-14 18:05

 トッパン・フォームズとABBYYジャパンは、ABBYYの請求書処理に特化したAI-OCR(人工知能を活用した光学文字認識)サービス「FlexiCapture for Invoices」を、トッパン・フォームズが5月末に先行販売することを発表した。

 同サービスはAI-OCRサービス「FlexiCapture」を基に開発され、OCRの精度が高いほか、さまざまな帳票レイアウトに対応できるとしている。サービス化に当たりトッパン・フォームズでは、人工知能(AI)の教師データの精度を向上させるため約5000パターンの請求書を読み込ませ、あらかじめ多数の請求書フォーマットに対応させている。これにより、複雑な帳票定義を設定することなく利用できるほか、簡単なマウス操作でフォーマットの追加やAI学習が可能になるという。また、RPA(ロボティックプロセスオートメション)といった各種ソフトウェアとの連携機能も無償で提供するため、既存業務へスムーズに組み込めるとしている。

 トッパン・フォームズとABBYYは、製造、流通、サービス業などの財務経理部門や管理部門を中心に販売し、2020年度における同サービスの売り上げ1億円を目指す。

(出典:トッパン・フォームズ、ABBYY)
(出典:トッパン・フォームズ、ABBYY)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]