編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

みずほFG、グループのIT企業など再編--IBMとも協業

ZDNet Japan Staff

2020-05-15 16:45

 日本IBMとみずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行は5月15日、関連当局の承認を前提に、6月末までにシステム運用業務で協業する予定だと発表した。みずほ銀行傘下のみずほオペレーションサービスを通じて行うことで検討しているという。

 みずほオペレーションサービスは、みずほ銀行の完全子会社で、システム運用受託事業を手掛ける。協業ではシステム運用機能にIBMの技術を取り入れ、システム運用の高度化と効率化を図り、システム運用担当者の専門性向上や、「みずほのフィールドを越えた挑戦・活躍機会の拡大を図っていく予定」(各社共同のコメント)だとしている。

 併せてみずほフィナンシャルグループは、2021年4月をめどに、子会社のみずほ情報総研を存続会社として、みずほ総合研究所とみずほトラストシステムズを統合することも発表した。また、みずほ情報総研とみずほトラストシステムズのシステム運用機能についても、2021年1月をめどにみずほオペレーションサービスに移管するといい、日本IBMとの協業はその一環になるという。

みずほフィナンシャルグループ内の再編内容
みずほフィナンシャルグループ内の再編内容

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]