編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

2020年も最も需要の多いプログラミング言語--Hired調べ

ZDNet Japan Staff

2020-05-16 08:00

 開発者の仕事を獲得したければ、コーディング言語が極めて重要である。そこで、Hiredは先ごろ、2020年に最も需要の多い言語をまとめたレポートを発表した。

 これらの言語は、開発者の世界に足を踏み入れようとしている新規採用者とスキルアップを試みる経験豊富なプロフェッショナルの両者にとって必要なものだ。

 テクノロジーが進化し続ける中で、デジタルスキルの需要は変動するが、Hiredの最新年次レポート「State of Software Engineers」で言及された言語群はこの数年、ほぼ一貫してランクインしている。

最も需要の多い言語

 レポートでは、特定の言語に関して1人の求職者が2019年にHiredで企業から面接要請を受けた平均回数に基づいて、以下の16の言語の需要が最も多いことを確認した。

(本記事は、TechRepublic Japanで2020年2月19日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]