編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

米国の失業保険プログラム狙う詐欺集団、米財務省検察局が調査との報道

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2020-05-18 10:52

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが続くなか、失職した米国人の多くは給付金による救済に目を向けている。そのようななか米財務省検察局は、海外の詐欺集団がハッキングで流出したデータを用いて身元を詐称し、失業給付金として計上された膨大な金額を奪い取っていると疑っている。The New York Times(NYT)が米国時間5月16日に報じたところによると同局は、ナイジェリアの犯罪者集団が過去のサイバー攻撃で入手した個人情報を悪用してしていると確信しており、盗まれた金額は数億ドル単位に上っているとの懸念を抱いているという。

米財務省検察局
提供:Illustration by Stephen Shankland/CNET

 詐欺集団の主な標的はワシントン州の失業保険プログラムだが、他にもフロリダ州やマサチューセッツ州、ノースカロライナ州、オクラホマ州、ロードアイランド州、ワイオミング州も攻撃の対象となっている。

 同局は16日、「州の失業保険プログラムの資金を狙っている犯罪者集団を特定した」ことを認めたが、捜査の詳細についてはコメントしなかった。この種の詐欺の多くは、不正に入手した個人情報を用いて偽の失業保険受給申請書を提出した後、ソーシャルエンジニアリングを利用したマネーロンダリングによって、入手した金銭の追跡を不可能にするというものだと同局は説明した。

 米財務省検察局は声明で、「当局は、米国市民を標的にした犯罪者による個人情報の窃盗と、COVID-19に関連したサイバー犯罪の試みを軽減することを主な優先順位として捜査を進めている」としている。

 州の失業保険当局には、パンデミックの最中に職を失った米市民による失業保険の申請が殺到しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]