編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

HPE、コンテナ基盤「Container Platform」提供--サイロ化したデータを集約 - (page 3)

阿久津良和

2020-05-20 06:45

 ハイブリッドIT事業統括 製品統括本部 製品部 カテゴリーマネージャー 加藤茂樹氏はContainer Platformの販売戦略として、「既存Hadoopとの併用や複数のデータ基盤を持つ顧客のインフラ統合、全社共通のデータ基盤を必要とするお客さま」をターゲットにしている。

 Container Platformのリファレンスアーキテクチャーとして、自社製ハードウェアとの組み合わせも用意。ラインアップは機械学習やデータ分析向けに「HPE Edgeline Converged Edge System」と組み合わせた「HPE Apollo」、DevOpsのほかに継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)といった用途に「HPE Synergy」を組み合わせた「HPE Synergy」、エッジ分析とIoT向けは「HPE Edgeline EL8000 Converged Edge System」と組み合わせた「HPE Edgeline」を提供する。

 ハードウェア用ライセンスとして、前述したApolloやSystem、Edgelineを選択した場合は「Select」、他社製ハードウェアやパブリッククラウドにContainer Platformを展開する場合は「Universal」が適用される。

 導入時はコンテナ化に関連した専門家からのアドバイスやサポートなどを受けられる「HPE Pointnext」などの契約とKubernetesクラスターを設計、構築、展開、管理するためのスキルを取得するトレーニング「Kubernetes Administration」の選択が必要。Kubernetes Administrationの提供は8月から。税別価格は36万円を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]