編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
Microsoft Build

マイクロソフト、Win32とUWPのAPIへのアクセス統合目指す「Project Reunion」発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-20 14:14

 Microsoftは、以前からWin32のアプリとUMP(Universal Windows Platform)アプリの断絶を埋めるための取り組みを進めているが、今年の「Build 2020」では、その取り組みをめぐる戦略にコードネーム(「Project Reunion」)が与えられることになった。

 米国時間5月19~20日にかけて開催されているBuild 2020では、この計画の最新情報が説明された。Windows Developer Platformチームは、まず2つのコンポーネント(「WinUI 3」と「WebView2」)のプレビュー版をリリースする。2019年の秋頃からアルファテストが行われているWinUI 3は、Windows 10用のモダンなネイティブUIフレームワークで、WebView2はウェブコンテンツをWindowsアプリに組み込むための仕組みだ。関係者によると、これらのコンポーネントは、どちらも2020年末までに一般提供(GA)が開始される予定になっている。

 Microsoftは、この2つのライブラリーをオープンソースとして公開し、開発者が自由にこれらのコードを自分たちのコードに取り込めるようにする。またWindows Developer Platformチームは、GitHubを通じて、開発者から次にReunionに取り入れてほしいライブラリーへのリクエストを募る

 (Reunion戦略のターゲットはPCだけのようだ。Microsoftは、「HoloLens」や「Windows IoT」デバイスを含むあらゆるWindows 10ベースのデバイスを対象としたアプリケーションを作れるようにするという、UWPの中心的な理念を追求していないようにも思える)

 2020年のBuildでは、ほかにもいくつかのWindows関係のニュースが発表された。Microsoftは、法人向けの「Windows Terminal 1.0」の提供を開始している。このソフトウェアは5月19日から「Microsoftストア」で入手可能になっており、GitHubのリポジトリから手動で入手することもできる。

 また同社は、「Windows 10 2004」で提供される「WSL」(Windows Subsystem for Linux)にさらなる改良を加えることも明らかにした。GPUを使用したワークロードに対応する予定で、この機能は並列計算や機械学習と人工知能(AI)のモデルのトレーニングを行うような場面で重要になる。また、サードパーティーのXサーバーに頼らずに、LinuxのGUIアプリを直接実行できる機能をサポートする。さらに間もなく、「wsl.exe --install」コマンドを実行するだけで、簡単にWSLをインストールできるようになるという。

 「PowerToys」に「Keyboard Remapper」と「PowerToys Run」の2つのユーティリティーが追加されることも明らかになっている。また、開発者が好きなツールを簡単にインストールできるようにするためのコマンドラインインターフェースである、「Windows Package Manager」のプレビュー版も発表された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]