編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
日本株展望

コロナショック後の日経平均急落・急騰を演出したのは誰?--日本株の需給分析

ZDNet Japan Staff

2020-05-21 10:43

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 外国人は一貫して売り越し
  2. 暴落局面では個人や日銀が買ったが、反発局面はほぼ日銀の一手買い
  3. 反発局面で日本株を買っているのは誰か
  4. 日本株の投資判断

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

外国人は一貫して売り越し

 日経平均株価は2月25日〜3月19日までわずか4週間で6834円下がる「暴落」となった。ところが、その後5月20日まで8週間以上かけて4043円上昇。下げ幅の約6割を取り戻した。

日経平均日足:2020年1月4日~5月20日


 いったいこの急落・急騰を演出しているのは誰だろうか。過去30年、日本株を急落させるのも急騰させるのも常に外国人投資家だった。ところが今回は少し様相が異なる。

 3月19日までの暴落は外国人の売りによるものだが、それ以降の反発は外国人によるものではない。主に日本銀行の買いによるものだ。外国人は一貫して売り越している。以下をご覧いただきたい。

外国人投資家による日本株の現物・日経平均先物の売買動向:2020年2月25日~5月9日

出所:東京証券取引所のデータから楽天証券経済研究所が作成
出所:東京証券取引所のデータから楽天証券経済研究所が作成

 外国人投資家はコロナショックの急落局面でも、その後の急反発局面でも売り越しを続け、株式現物と日経平均先物を合わせるとなんと5兆1872億円も売り越している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]