編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

「Windows Terminal 1.0」がリリース--今後のアップデート計画も明らかに

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-21 11:43

 Microsoftは、オープンソースのターミナルアプリケーション「Windows Terminal」の開発に着手してから約1年後にあたる米国時間5月19日、そのバージョン1.0をリリースした。

 「Build 2019」でWindows Terminalを発表していた同社は今回、オンラインイベントとして開催中の「Build 2020」で「Windows Terminal 1.0」のリリースを発表した。このアプリケーションは、「コマンドプロンプト」や「PowerShell」「Azure Cloud Shell」のほか、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)の各種ディストリビューション(「Ubuntu」など)を使用している開発者向けの製品だ。

 同社はバージョン1.0のリリースを機にその公式ドキュメントを提供した。なお、Windows Terminalには、複数のタブやペインからさまざまなコマンドラインアプリケーションを同時に実行できるという特長がある。

 また、GPUアクセラレーションによってテキスト描画が高速化されている上、UnicodeとUTF-8がサポートされているため、絵文字も描画できる。

 同社は、ユーザーがWindows Terminalを自分好みのルック&フィールにカスタマイズできるような機能を追加してきている。例を挙げると、アクリル効果を加えた背景や、さまざまなカラースキーム、カスタムフォント、カスタムキーバインディングなどだ。

 同社は7月からWindows Terminalの月次アップデートを実施していく。また、Windows Terminalのプレビューチャンネルを開発者向けにローンチし、最新機能をテストできるようにする。このプレビューは6月から月次でアップデートされる。

 Windows Terminal、Console、Command LineおよびCascadia Code担当プログラムマネージャーのKayla Cinnamon氏は発表の中で、「このチャンネルは、Windows Terminalの開発プロセスに関わりたい人や、開発された最新機能をすぐに使いたい人のためのものだ」と記している。

 Windows Terminalのリリース1.0には、安定版ビルドの「WindowsTerminal」と、プレビュー版ビルドの「WindowsTerminalPreview」という2つのパッケージが含まれている。なお、プレビュー版と安定版は同一環境にインストールすることもできる。

 なお同社はこれまでに、「Windows 10」搭載PC上でWSLを使用している開発者向けに頻繁に新機能をリリースしてきている。最近も、Windows 10上のLinuxファイルに「Fileエクスプローラー」から容易にアクセスできるようにする統合を実現している。

 またMicrosoftは今回のBuildカンファレンスで間もなく、Windows上のLinuxゲストがGPUのハードウェアアクセラレーション機能を利用できるようになるとともに、LinuxのGUIアプリケーションがWSL上で実行できるようになると発表した。

 さらに同社は、Windows Terminalのコマンドラインで「wsl.exe --install」というコマンドを実行するだけで、Windows Terminalから簡単にWSLをインストールできるようにしようともしている。これによりリスタート時に自動的に特定のWSL Linuxディストリビューションがダウンロード、インストールされる。Windows 10の「Windows Insider」プログラムで「Fast Ring」に参加しているユーザーは「今後の数カ月」でこの機能を使えるようになるという。

 Windows Terminal 1.0はMicrosoft StoreおよびGitHubのリリースページからダウンロードできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]