編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「Windows Terminal 1.0」がリリース--今後のアップデート計画も明らかに

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-21 11:43

 Microsoftは、オープンソースのターミナルアプリケーション「Windows Terminal」の開発に着手してから約1年後にあたる米国時間5月19日、そのバージョン1.0をリリースした。

 「Build 2019」でWindows Terminalを発表していた同社は今回、オンラインイベントとして開催中の「Build 2020」で「Windows Terminal 1.0」のリリースを発表した。このアプリケーションは、「コマンドプロンプト」や「PowerShell」「Azure Cloud Shell」のほか、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)の各種ディストリビューション(「Ubuntu」など)を使用している開発者向けの製品だ。

 同社はバージョン1.0のリリースを機にその公式ドキュメントを提供した。なお、Windows Terminalには、複数のタブやペインからさまざまなコマンドラインアプリケーションを同時に実行できるという特長がある。

 また、GPUアクセラレーションによってテキスト描画が高速化されている上、UnicodeとUTF-8がサポートされているため、絵文字も描画できる。

 同社は、ユーザーがWindows Terminalを自分好みのルック&フィールにカスタマイズできるような機能を追加してきている。例を挙げると、アクリル効果を加えた背景や、さまざまなカラースキーム、カスタムフォント、カスタムキーバインディングなどだ。

 同社は7月からWindows Terminalの月次アップデートを実施していく。また、Windows Terminalのプレビューチャンネルを開発者向けにローンチし、最新機能をテストできるようにする。このプレビューは6月から月次でアップデートされる。

 Windows Terminal、Console、Command LineおよびCascadia Code担当プログラムマネージャーのKayla Cinnamon氏は発表の中で、「このチャンネルは、Windows Terminalの開発プロセスに関わりたい人や、開発された最新機能をすぐに使いたい人のためのものだ」と記している。

 Windows Terminalのリリース1.0には、安定版ビルドの「WindowsTerminal」と、プレビュー版ビルドの「WindowsTerminalPreview」という2つのパッケージが含まれている。なお、プレビュー版と安定版は同一環境にインストールすることもできる。

 なお同社はこれまでに、「Windows 10」搭載PC上でWSLを使用している開発者向けに頻繁に新機能をリリースしてきている。最近も、Windows 10上のLinuxファイルに「Fileエクスプローラー」から容易にアクセスできるようにする統合を実現している。

 またMicrosoftは今回のBuildカンファレンスで間もなく、Windows上のLinuxゲストがGPUのハードウェアアクセラレーション機能を利用できるようになるとともに、LinuxのGUIアプリケーションがWSL上で実行できるようになると発表した。

 さらに同社は、Windows Terminalのコマンドラインで「wsl.exe --install」というコマンドを実行するだけで、Windows Terminalから簡単にWSLをインストールできるようにしようともしている。これによりリスタート時に自動的に特定のWSL Linuxディストリビューションがダウンロード、インストールされる。Windows 10の「Windows Insider」プログラムで「Fast Ring」に参加しているユーザーは「今後の数カ月」でこの機能を使えるようになるという。

 Windows Terminal 1.0はMicrosoft StoreおよびGitHubのリリースページからダウンロードできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]