編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
日本株展望

どんなトンネルにも出口はある--不況でも株価反発なぜ?リーマン・ショックとの比較

ZDNet Japan Staff

2020-05-22 11:43

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 「どんなトンネルにも必ず出口はある」に希望を見出す
  2. 不況なのに株価が半値戻し?FRBの量的緩和拡大が主因
  3. ワクチン開発加速に向けた希望で見出す「トンネルの出口」

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

「どんなトンネルにも必ず出口はある」に希望を見出す

 コロナ危機に応じた移動制限の影響で世界景気が悪化する中、安倍首相や大手企業経営者の「(景気後退は)リーマン・ショックを超える」との発言が注目された。確かに、日本の実質GDP(国内総生産)成長率(前期比年率)は2019年4Qの▲7.3%に続き、2020年1Qは▲3.4%(実績)、そして2Qは▲22%(市場予想平均)と戦後最大の景気後退となる見込みである。

 ただ、日米株式とも3月下旬に底入れして以降「不況下の株高」を維持。5月に入っても移動制限緩和に伴う年後半の景気回復を期待して底堅い動きとなっている。S&P500指数は今週、10週ぶり高値圏で推移(20日)。昨年初の発病と治療を乗り越え水泳競技復活を目指している池江璃花子さんが「どんなトンネルにも必ず出口はあります」と発言し注目された。実は米国市場にも「終わらない弱気相場はない」との格言がある。

 図表1は過去30年間にわたる米国株式と「恐怖指数」(投資家の変動率予想)の推移を示したものである。2008年のリーマン・ショック時と同様、今回も恐怖指数が80超まで急上昇した(3月16日)。ただ、トンネル(景気後退)の只中と言える3月23日に株価は底入れし、恐怖指数は低下傾向をたどってきた(直近は28)。

 当該期間で「恐怖指数」が40を上回った時点(総弱気の状況)でS&P500指数に投資した場合、その1年後までの平均リターンは+28.9%と1990年以降の年率平均リターン(+9.0%)の3倍超だったことが検証できる。

<図表1>相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育つ(相場格言)

*恐怖指数=CBOE SPX Volatility Index
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(1990年初~2020年5月20日)
*恐怖指数=CBOE SPX Volatility Index
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(1990年初~2020年5月20日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]