編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

プロサッカーの水戸ホーリーホック、SFAで顧客情報を可視化--進捗も可視化

藤代格 (編集部)

2020-05-25 07:15

 プロサッカークラブ「水戸ホーリーホック」を運営するフットボールクラブ水戸ホーリーホック(茨城県水戸市、従業員数13人)は、SaaS型営業支援システム(Sales Force Automation:SFA)「Pipedrive(パイプドライブ)」を導入。案件を可視化、一元化管理できる体制を構築したという。5月22日、国内販売代理店となるSurpass(品川区)発表した。

クラブロゴ(出典:Surpass)
クラブロゴ(出典:Surpass)

 従来は、顧客情報をオフィスにあるファイルサーバー内のExcelなどで管理。商談履歴や詳細情報が引き継げない、整理には複数の資料が必要などの課題を抱えていたという。

 顧客情報入力項目、管理方法などを柔軟にカスタマイズ、複数の切り口で整理できるため、プロスポーツクラブの法人営業という顧客属性、商材が多岐にわたる事業に適していると説明している。

 エストニアのPipedriveが開発するPipedriveは、営業活動に必要なアクション、進捗状況などを“販売パイプライン”方式で可視化。取引、連絡先、アクティビティなどをスムーズに追加でき、今やるべきことや次の行動時期などの販売プロセスを管理できるという。

案件状況ごとに可視化できる(出典:Pipedrive)
案件状況ごとに可視化できる(出典:Pipedrive)

 メールと連携し、送受信を同期、各案件へ自動的に結びつけるという。見込顧客の情報、メンバーとのやりとりを1箇所で把握でき、チーム内のコミュニケーションを円滑にできるとしている。実績のレポート化、販売予測なども可能。

 Surpassでは、1ユーザーあたりの税別月額利用料が1500円のスタンダード、3000円のアドバンス、6000円のプロフェッショナルの3つのプランで提供している。

プラン一覧(出典:Surpass) プラン一覧(出典:Surpass)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]