「ThinkPad」2020年モデル、Wi-Fi 6に対応--コラボ専用キー実装 - (page 2)

阿久津良和

2020-05-27 06:45

 2020年モデルの特徴としてレノボ・ジャパンは、通信機能の充実度を掲げた。

 X1 Carbon Gen 8やX1 Yoga Gen 5、T15 Gen 1、T14 Gen 1、T14s、X13、X13 Yoga Gen 1は「Wi-Fi 6(802.11ax)」をサポートする「Intel Wi-Fi 6 AX201」をワイヤレスモジュールとして採用する(他の機種は「Intel Wi-Fi 6 AX200」)。Eシリーズを除く機種ではLTEモデムを搭載可能で、今回のX1シリーズとX/Tシリーズ(Intel版)は「L860-GL」で下り最大1Gbpsを実現する「LTE Cat.16」に対応した。他のモデルは「LTE Cat.9」対応の「L850-GL」を引き続き採用する。

レノボ・ジャパン コマーシャル事業部 企画本部 製品企画部 モバイル製品担当 吉原敦子氏。タッチ対応ディスプレイ「ThinkVision M14t」も参考出展として披露した
レノボ・ジャパン コマーシャル事業部 企画本部 製品企画部 モバイル製品担当 吉原敦子氏。タッチ対応ディスプレイ「ThinkVision M14t」も参考出展として披露した

 昨今のテレワーク需要を踏まえて、ファンクションキーの機能として通信応答や通話終了など、コラボレーション専用キーを実装した。新機能ではないものの、従来機種から内蔵マイクは360度集音に標準対応しており、「X1 Carbonは天板の上部に4つの穴を用意し、集音性を高めている」(レノボ・ジャパン コマーシャル事業部 企画本部 製品企画部 モバイル製品担当 吉原敦子氏)

 マイナーチェンジを除けば、7年ぶりの刷新となるトラックポイント キーボード II(同1万4500円)も注目株の1つ。「ThinkPad Bluetoothワイヤレス・トラックポイント・キーボード」の後継機に当たり、新たにBluetooth 5.0と2.4GHzワイヤレスUSBレシーバーによるデュアルワイヤレス接続をサポートする。

 前モデルはBluetooth 3.0ベースのためペアリングしたPCとの接続に若干の時間を要したが、Bluetoothデバイスとのペアリングを容易にする「Swift Pair」に対応することで改善した。Windowsに加えてAndroid にも対応しているもの、同時使用はシングルデバイスに限定。USB Type-Cで給電するバッテリー駆動型だが、キー入力を1日3時間、アイドルモードで5時間、1週間5日使用した場合は約2カ月間使用できる。

7年ぶりに刷新したThinkPad トラックポイント キーボード II
7年ぶりに刷新したThinkPad トラックポイント キーボード II

 レノボ・ジャパンは昨今のテレワーク需要増に対して、「従来のテレワークは、薄型の2-in-1 PCで『いつでもどこでも』だったが、今必要なのは在宅型テレワーク向けPC。移動ではなく自宅で作業するのが、自粛解除後のニューノーマル(新常態)だ」(吉原氏)としてL14 Gen 1をアピールする。

 改めて解説するまでもなく、2-in-1 PCは独特の筐体を開発し、設計やパーツ採用に時間を要するので高額になりがちだ。一方で「Lシリーズは性能と価格のバランスがよい」(吉原氏)ため、急遽テレワーク用PCを必要とするオフィスワーカーには選択肢の1つとなり得るだろう。

 そこで気になるのがPCの納期だが、安田氏は「新型コロナウイルスの影響で若干生産が滞っていたが、中国の工場を含めてすべて改善した。ただ、ゴールデンウィーク以降はテレワーク需要増に伴い、納期に遅れが発生している」と説明した。2019年はWindows 7のサポート終了に伴うPC需要増があったが、同社は2020年度の見込みについて、テレワーク需要や文部科学省が推進する「GIGAスクール」構想の前倒しを踏まえ、昨年同様の需要を見込んでいる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]