編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

RPA「UiPath」にプロセスマイニング、自動化を支援--機能限定の開発ツールも - (page 3)

阿久津良和

2020-05-28 07:15

 UiPathの説明によれば、Automation Hubは約700社で稼働し、4000個以上のアイデアが各企業の社員から寄せられているという。同社は業務プロセスを記録してファイル化する「Task Capture」を同梱してAutomation Hubの提供を開始するが、Task CaptureとProcess Mining、そして両者をつなげるのがAutomation Hubになる。

UiPath マーケティング本部 プロダクト&イベントマーケティング部 部長 原田英典氏
UiPath マーケティング本部 プロダクト&イベントマーケティング部 部長 原田英典氏

 マーケティング本部 プロダクト&イベントマーケティング部 部長 原田英典氏は「全方位的アプローチで自動可能な業務を発見する」と各製品の価値を強調した。

 “開発”フェーズに分類されるStudioXは、既存の「UiPath Studio」が供えるユーザーインターフェース(UI)や機能をシンプル化し、開発者の負担を軽減したRPA開発用デスクトップアプリケーション。新開発した「UiAutomation Next」は、セレクター、あいまいセレクター、画像と3つのエンジンを用いてオブジェクト認識率を向上させている。

 また、Excelのセルで変数を代替する機能も供えているため、プログラム初心者もつまずくことなくロボットの開発に取り組めるだろう。ソリューション本部 エバンジェリスト 大森俊秀氏は「Sutdioは数十時間の学習で大規模に活用するが、StudioXは5時間前後の学習ですぐに活用できる」とStudioXの特徴を語った。

 StudioXはStudioと一定の互換性を持つ。StudioX製プロジェクトをStudioで編集し、さらにStudioXで開いて編集できるが、その逆となるSutdio製プロジェクトをStudioXで編集することはできない。また、Studioで開発した共通部品はライブラリ化することでStudioXにインストールすればアクションとして再利用できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]