編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
調査

日本企業のランサムウェア関連費用は世界第2位--ソフォス調査

ZDNet Japan Staff

2020-05-28 12:27

 英国のセキュリティ企業のSophosが先に発表したランサムウェアに関する調査では、日本企業は回復に要する費用が世界で2番目に高いことが分かった。

 この調査はSophosがVanson Bourneに委託し、1~2月に26カ国で企業のIT幹部5000人(日本は200人)を対象にアンケートしている。

 それによると、ランサムウェアによって企業のデータが暗号化され、ランサムウェアの攻撃者が「金銭と引き換え(身代金)にデータを元に戻す」などと企業を脅し、企業が身代金を支払って被害を回復させる場合の身代金を除いた費用(事業停止での逸失利益や受注損失、運用コストなど)は平均で140万ドルになることが分かった。一方、身代金を支払わない場合は同73万ドルになり、半分程度で済むという。

出典:ソフォス
出典:ソフォス

 また、過去1年間でランサムウェアの攻撃を経験した日本企業は42%で、データが暗号化されてしまった企業は93%に上る。身代金を支払わずにバックアップデータで元に戻したIT幹部は55%だったが、31%は身代金を支払うことでデータを元に戻した。

 ちなみに、日本では身代金を支払ってもデータが元に戻らなかったケースはなかったが、世界では公的機関の5%でデータが元に戻らなかったという。

変更:ソフォス社より被害を回復させる場合の身代金を除いた費用につきまして修正があり、記事中の金額を変更しました。(2020年5月29日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]