編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

富士通、ソフトウェアデファインドストレージを発表

ZDNet Japan Staff

2020-05-28 13:22

 富士通は5月28日、大量データの管理基盤となるソフトウェアデファインドストレージ製品「ETERNUS Data Services Platform(ETERNUS DSP)」を発表した。PCサーバーのPRIMERGYをハードウェアに用いてデータ管理ソフトウェア「ETERNUS Data Services Platform Software」を実装している。

 システム構成は、最小3ノード/60テラバイトから最大32ノード/約3ペタバイトまで簡単に拡張できる。導入時期に応じてサポート終了のノードから順番に置き換えでき、システムの更改コストを平準化できるという。システムやサービスを無停止のまま稼働中のストレージ環境に新しいノードを追加して、データ移行も可能とする。

 また、ノードごとにストレージ使用容量や負荷状態を監視して他ノードへのデータ再配置や処理分散などの自律制御を行う。ソフトウェアの機能を利用して、複数の企業や部門で単一のストレージ機器の使う場合に、記憶領域の配分管理やアクセス権限の設定なども容易になり、ストレージ管理担当者の作業を70%削減するという。

 将来計画では、富士通研究所が開発したフルスタックストレージ管理技術を取り入れ、仮想化システムに割り当てられたストレージ領域を含む仮想化環境ごとの性能負荷と、仮想化システムとストレージに格納されたデータの関連性を可視化するようにしていく。

 料金は、ソフトウェア(ETERNUS Data Services Platform Software)が1テラバイト当たり年間4万7000円(サポートは平日のみ)、ハードウェア(PRIMERGY RX2530 M5 for ETERNUS DSP 19.2TB)が2155万7000円からになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]