編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
日本株展望

株価回復はいつまで続く?--3つの「第2波」に注意

ZDNet Japan Staff

2020-05-29 11:50

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 株価回復であらためて知る「米国株の長期投資効果」
  2. 株式市場の堅調持続を阻みかねない「3つの第2波」
  3. 「経済悲惨度指数」の急上昇でトランプ再選に黄色信号

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

株価回復であらためて知る「米国株の長期投資効果」

 今週も日米株式は回復基調を維持した。日本政府は新型コロナ感染拡大に伴う景気対策として第2次補正予算案(2020年度)を決定。一般会計の歳出総額は31兆9000億円と、1次補正(25兆7000億円)を上回り過去最大となった。

 安倍首相は「補正予算の事業規模は1次と2次を合わせ200兆円超とGDP(国内総生産)の4割に上る空前絶後の規模」とし、「100年に一度の危機から日本経済を守り抜く」と述べた(25日の記者会見)。

 緊急事態宣言解除と大規模景気対策を好感し、日経平均は2万1916円に上昇(28日)。節目とされていた200日移動平均(2万1656円)を上回った。日本株が下値を切り上げている要因として「米国株の堅調」が挙げられる。

 NYダウ平均は2万5548ドルと2カ月半ぶりの水準に回復。S&P500指数も3000台を奪回し200日移動平均を上抜けた(27日)。FRB(米連邦準備制度理事会)と米政府の景気・資金繰り対策で、企業業績が2Q(4~6月期)に底入れするとの期待が広まっている。

 図表1が示すように、米国株は3年、5年、10年の総収益(年率)で日本株より優勢だ。年初来騰落率でプラスに転じたナスダック相場が主導し、「米国株は長期投資の果実を提供してきた」ことがわかる。

 特に、「定時定額(積立)投資」を実践する投資家は「貯めながら増やす資産形成」(ドルコスト平均法と複利運用の効果)を実感しやすいと思われる。とは言うものの、短期目線では「株高が続く」と言い切れない。市場が今後警戒しやすい潜在的リスクを3つの「第2波」と呼び下記に整理したいと思う。

<図表1>長期リターンの比較で知る「米国株式の優勢」

出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2020年5月27日)
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2020年5月27日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]