グーグル、「Android Studio 4.0」リリース--Motion Editorでアニメーション作成が容易に

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-01 11:05

 Googleは、同社の最新のAndroidアプリ統合開発環境(IDE)である「Android Studio 4.0」の安定版をリリースした。

 Android Studio 4.0では、主な新機能として、複雑なアニメーションの作成を補助する「Motion Edtior」、ビルド時間のボトルネックを特定するためのツール「Build Analyzer」、Java 8言語APIのサポートの3つが追加された。

 また、「CPU Profiler」のユーザーインターフェースが改善され、スレッドのアクティビティーを分析しやすくなったほか、「Layout Inspector」が改良され、デバイス上で表示されているアプリのUIをリアルタイムに分析できるようになった。

 Motion Editorは、「MotionLayout」ライブラリーの要素を操作するためのエディターで、これまでは手動で行っていた、アニメーションのXMLのリソースファイルを作成する作業を代わりに行ってくれる。

 同じくデザイン関係では、新たに「Layout Validation」と呼ばれる機能も追加された。これはさまざまなサイズの画面でUIがどうなるかを同時に比較できる機能で、これを利用すれば、異なるフォームファクター、画面サイズ、解像度でのアプリの挙動をテストしやすくなる。

 「Build Analyzer」は、ビルド時間に影響を及ぼしているプラグインやタスクを特定するツールだ。このツールのウィンドウの左側には問題のリストが表示され、右側にはそれぞれの問題の詳細情報が表示されるようになっている。

 Googleはまた、アプリが使用しているライブラリーの依存関係の中から、脆弱性が存在するライブラリーを特定するためのツールも導入した。「Android Gradle」プラグインの4.0.0以降を使用してアプリを構築していれば、アプリで使用しているライブラリーの依存関係を記述した依存関係メタデータが作成されるようになった。

 アプリをアップロードすると、「Play Console」がこのメタデータを検査して、SDKやアプリの依存関係を調べ、既知の問題が発見された場合にはアラートを発する。一部のケースでは、問題を解決するためのアクションに関するフィードバックも提供するという。

 また、アプリのコード短縮ツールである「R8」に、ルールファイルの編集を補助するスマートエディターが導入された。スマートエディターでは、構文のハイライト表示やコードの自動補完、エラーチェックなどの機能を利用できる。

Android Studio 4.0
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]