編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

JBS、「コラボレーションスタイル診断サービス」を開始

NO BUDGET

2020-06-02 17:24

 日本ビジネスシステムズ(JBS)は、クラウドサービス「Microsoft 365」に蓄積されたデータを「Microsoft Workplace Analytics」で分析し、組織の働き方を可視化する「コラボレーションスタイル診断サービス with Microsoft Workplace Analytics」の提供を開始した。

 同サービスは、6週間という短期間で組織の働き方を可視化し、改善機会を提供するもの。可視化したデータから働き方の示唆を得ることで、コミュニケーションやコラボレーションの傾向が分かり、実施しようとしている施策のKPI(重要業績指標)を定めやすくなる。

サービス提供のプロセス
サービス提供のプロセス

 同サービスでは、働き方の改善機会と効果の大きさを試算し、4つの分析テーマから組織の働き方をレポートする。また、ワークショップ形式で分析ナレッジの提供と「Microsoft Workplace Analytics」の使い方をトレーニングを実施する。

 効果の試算では、Microsoft Workplace Analyticsを使ってMicrosoft 365のデータから働き方を分析、コラボレーションスタイルの改善による生産性向上、社員の負荷軽減などの可能性をアドバイスする。4つの分析テーマは「コラボレーションの偏り」「業務負荷・拘束時間の偏り」「実効性の高いマネジメント」「実効性の高いマネジメント」となっている。

 利用価格は300万円(対象ユーザー数:999人まで。「Microsoft Workplace Analytics」のライセンス費用は除く)となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]