編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

Snowflake、「データクラウド」で新機能--セールスフォース連携も開始

ZDNet Japan Staff

2020-06-04 06:00

 クラウドベースのデータウェアハウス(DWH)を手掛ける米Snowflakeは、「データクラウド」プラットフォームにおける新機能の提供と、Salesforce.comとの本格的な連携を開始したことを発表した。

 「データクラウド」は、企業内のオンプレミス環境やデータセンターなどに散在しているさまざまなデータ基盤をクラウド環境に移行することで、統合的に活用できるようにすることを目指すもの。同社のデータプラットフォームを通じてシームレスなデータ基盤の拡張や運用を実現するとしている。

 今回の取り組みでは、主に次の新機能を提供する。

  • Snowsight:Snowflakeでクエリーやコマンドを実行することにより、ダッシュボードを通じたコラボレーションや可視化、効率化などの新たなアナリティクス体験を提供
  • Dynamic Data Masking:ユーザーごとに異なるデータ閲覧権限などのポリシーを作成
  • External Tokenization:サードパーティーのトークン機能を利用して機密データを保護
  • External Functions:クエリーサポートのために外部サービスを呼び出せ、サードパーティーライブラリーやサービスと統合したデータパイプラインを構築
  • Java UDF:Javaで開発されたビジネスロジックを実行
  • Data Exchange:事業部門やパートナー、サプライヤー、顧客らとシームレスかつ安全にデータを共有するための独自のデータエクスチェンジを作成

 併せて同社は、2月に開始したSalesforce.comと提携による初の連携機能「Einstein Analytics Output Connector for Snowflake」を年内に提供することも明らかにした。Snowflakeのプラットフォームに格納されるアプリケーションやウェブ、モバイル、IoTなどのさまざまなデータを、Salesforceの各種アプリケーションやTableauから利用できるようになる。ビジネスインテリジェンスによるデータの可視化や分析などの作業がシームレスに行えるようになるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]