編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

楽天モバイルとNEC、5Gコアネットワークの共同開発に合意

NO BUDGET

2020-06-05 19:21

 楽天モバイルとNECは、コンテナー技術を導入したStand Alone方式(SA方式)の5G(第5世代移動通信システム)コアネットワーク(5GC)を共同開発することに合意した。

 コンテナー技術では、OS(オペレーションシステム)上に他のプロセスから隔離されたアプリケーションの実行環境を構築することで、仮想的な動作環境をより少ないコンピュータリソースで実現する。

 両社は、楽天モバイルが構築を進める「Rakuten Communications Platform(RCP)」上で動作する、コンテナー化されたSA方式の5GCを共同開発していく。NECが開発した5GCのソースコードを基に、高い信頼性を備えた日本製5GCを共同で構築する。

 楽天モバイルは、国内において2020年に商用5Gサービスを開始し、2021年からSA方式の5GCを用いた5Gネットワークの提供を予定している。同社は今後、世界の通信事業者が仮想化ネットワークを構築するためのソリューションとしてRCPを展開する。これにより通信事業者は、アプリケーションストア形式のインターフェースを通じて、オープンで完全仮想化されたSA方式の5GCを購入し、各社のネットワークに簡単かつ素早く導入することが可能になるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]