編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
日本株展望

東証マザーズが上がる理由と投資戦略--世界株高の背景に米中景気のサプライズ

ZDNet Japan Staff

2020-06-05 11:18

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 世界株高の背景に米中景況感のサプライズ的な改善
  2. 東証マザーズがここまで強いのはなぜか?
  3. マザーズ主力株のパフォーマンスは?
  4. 東証マザーズのハイリスク・ハイリターン銘柄に分散投資するには

 これら4点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

世界株高の背景に米中景況感のサプライズ的な改善

 今週も米国株も日本株も堅調な動きとなった。特に米国市場では、大手IT関連株で構成される「NYSE FANG+指数」が最高値を更新。債券が売られ、長期金利が上昇したことでドル/円相場も堅調で、日経平均株価は2万2000円台後半で下値を切り上げた。

 図表1は、米国と中国の経済サプライズ指数の約1年推移を示したものだ。経済サプライズ指数とは、各経済指標の発表値と市場予想(エコノミストの事前予想平均)とのかい離幅を指数化したものである。

 同指数は、経済指標の発表値が市場予想を上回れば上向き、市場予想を下回れば下向きとなる。コロナ危機で米・中の経済サプライズ指数は2月末以降急落したが、中国は3月中旬に、米国は4月末に底入れしてきた。中国の5月PMI(企業の景況感調査)では、製造業も非製造(サービス)業も回復基調を示した。

 中国の5月の自動車販売台数は前年同月比+12%と発表(全国乗用車市場情報連合会)。米国で3日に発表された5月・ADP雇用統計(民間調査)では雇用減少幅が276万人と市場予想(900万人減少)よりも「悪くない」実績だった。

 市場は実体経済よりも「景気の方向感」を材料視する傾向がある。世界的な金融緩和と過剰流動性で生まれた株価回復が、先行きの景況感を先取りしている感もある。

 ただ、5日に発表される米・雇用統計(5月分)では失業率が19.5%に上昇(悪化)する市場予想となっており(4月は14.7%)、株式市場が実体経済の悪さをあらためて材料視する可能性もあるので注意を要する。

<図表1>米国と中国の景況感がサプライズ的に上向いてきた

出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2019年7月初~2020年6月3日)
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2019年7月初~2020年6月3日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]