編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

横河レンタ、Windows更新管理ツールでテレワーク環境に対応

ZDNet Japan Staff

2020-06-12 09:08

 横河レンタ・リースは6月11日、Windows 10運用ソリューション「Flex Work Place Unifier Cast」の最新版(v.5.8.4)の提供を開始した。新たに、テレワーク環境下のPCのOS更新を管理できるようにしている。

 Unifier Castは、半年や月次などのタイミングで公開される数GBにもなるWindows 10のアップデータを自動的に取得し、きめ細かいデータブロックとしてネットワーク上の端末に再配信することで帯域の負荷を軽減する。最新版では、アプリケーション管理・統制ツール「Flex Work Place AppSelf」と連携し、自宅などのテレワーク環境における端末でのWindowsアップデートを管理できるようになる。

更新管理の仕組み
更新管理の仕組み

 同社サービス&ソフトウェア事業部 推進課長の福田大次郎氏によれば、新型コロナウイルス感染症対策でのテレワーク導入拡大で、Windowsの更新運用に支障が出ているという。例えば、通常だとオフィスのLANに接続した場合にのみ行っているWindowsの更新が行えないケースがあり、従業員が自宅のインターネット回線で直接行ってしまうと統制を確保できなくなる。また、VPN回線を経由したテレワーク環境ではWindowsを更新する際に帯域が圧迫されて、業務システムの稼働に支障を来す恐れがある。実際に複数のユーザー企業からも相談が寄せられているという。

 このためUnifier Castの最新版では、VPN接続をすることなく管理者が許可したアップデータのみをインターネット経由で従業員自身がダウンロードし、在宅勤務中のPCでWindowsアップデートが適切に行えるようにした。この他に最新版では、Windowsアップデート失敗時のインテリジェンス機能を追加した。バージョンが古くアップデート失敗の原因となったアプリケーションを管理者に通知する。また、ボリュームライセンスではできなかったOffice 2019のC2R形式のアップデートにも対応した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]