編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール
日本株展望

米ナスダック最高値更新と反落リスク--トランプ大統領の再選失敗は要警戒?

ZDNet Japan Staff

2020-06-12 11:46

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. ナスダック主力株の最高値更新が牽引する米国株高
  2. ワシントン情勢の不透明感が潜在的なリスク要因に
  3. 民主党の副大統領候補が鍵?
  4. 「バイデン大統領誕生」は市場に凶なのか吉なのか

 これら4点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

ナスダック主力株の最高値更新が牽引する米国株高

 米国市場では、GAFAM(またはFAANG)と呼ばれる大手IT関連株が主力であるナスダック100指数が5日から、ナスダック総合指数が8日から連日で最高値を更新した(10日)。図表1は、日米市場の時価総額加重平均指数であるTOPIX、S&P500指数、ナスダック100指数の推移を示したものである。

 S&P500指数が最高値圏に反発したことがTOPIXの下値切り上げに寄与してきたことが分かる。そしてS&P500指数と主力銘柄が多く重なるナスダック100指数(ナスダックで時価総額が大きい非金融銘柄100社で構成される)の最高値更新が米国株式の戻りを牽引している状況が分かる。

 日経平均やダウ平均など株価単純平均指数は一部値がさ株の振れに左右されやすく、時価総額加重平均指数の方が市場全体のトレンド(趨勢)を正しく示すとされる。大胆かつ大規模な金融緩和と財政出動による「過剰流動性」と先行きの景気回復期待(ロックダウン解除後の景気回復見通し)が株価反発の原動力となっている。

 FRB(米連邦準備制度理事会)は9~10日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)で「政策金利を2022年までゼロ付近で維持する」との見通しを表明。パウエルFRB議長は直後の記者会見で「YCC(債券利回り抑制)も検討中である」と述べてハト派的な姿勢を示唆した。

 とはいえ、日本でも米国でも株価上昇のペースに警戒感は根強く、利益確定や戻り売りによる反落やスピード調整への移行も警戒したいと思う。

<図表1>ナスダックの主力株が牽引して米国株式は最高値圏で推移

出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2015年末~2020年6月11日)
出所:Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2015年末~2020年6月11日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]