編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

京セラ、コンテナーベースのデータ活用基盤を導入

ZDNet Japan Staff

2020-06-12 15:23

 京セラと日本IBMは6月12日、京セラが社内データ活用基盤として「IBM Cloud Pak for Data」を採用したこと発表した。両社は、2017年10月から両社でデータ活用基盤の構築を進めてきたといい、5月に稼働を開始した。

 IBM Cloud Pak for Dataは、コンテナーの統合運用管理のKubernetesをベースとするRed Hat OpenShiftなどで稼働するミドルウェア製品群「IBM Cloud Paks」の一つで、データの収集や編成、分析などの機能を提供する。

導入イメージ(出典:京セラ/日本IBM)
導入イメージ(出典:京セラ/日本IBM)

 京セラでは、生産性向上と業務革新を目的とする全社的なデータ活用基盤の構築を進める中で、社内に点在するシステムやデータの統合や連携、工場のIoTで収集する生産データの有効活用などの課題があったとする。IBM Cloud Pak for Dataを採用することで、例えば、工場内でシステムごとに蓄積されたり、日々発生したりしてるさまざまなデータを統合し、リアルタイムに人工知能で分析することにより、さらなる洞察が得られるようになるという。

 従来は、データサイエンティストがデータの収集や蓄積、理解、加工といった準備作業をしていたが、IBM Cloud Pak for Dataの活用でその負荷が軽減され、本来の分析作業により多くの時間を割けるようになる。

 京セラでは今後、生産性向上と業務変革を推進し、事業部間で連携した新たなビジネスモデルの創出も目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]