編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

給料よりも働く環境に関心--チームビルディングで考えたいハッカソン

ZDNet Japan Staff

2020-06-14 08:00

 企業の求人に応募する人々は、給料や福利厚生に注目するものだが、一方で雇用される人の大半は、稼ぎよりも文化を重視している。4人に3人は高額な給料よりも社内の働く環境の方に高い関心を抱いていることが、Glassdoorの「Mission & Culture Survey 2019」で明らかになった

 従業員の協調性を高める手段として、チームビルディングの活動を採り入れている企業は多い。だが、そうした活動は費用が高くつくし、時間の浪費になるため、ハッカソンを開催する方が良い、と述べるのは、Loadsmartの製品およびビジネス開発担当バイスプレジデントのHunter Yaw氏だ。

 「一体誰が、トラストフォール(高いところから後ろ向きに倒れ、まわりの人が受け止めるゲーム)やペイントボール(塗料入りの弾丸を対戦相手に発射して勝敗を競うスポーツ)をやりたがっているのだろうか。私に言わせれば、まったく馬鹿げている」。Yaw氏はこのように語った。

 チームでの野外活動は楽しいものかもしれないが、実施したからといってコラボレーションが推進されるわけでも、ビジネスに良い効果があるわけでもない。しかし、その両方を叶えられる活動が、ハッカソンだ。

 ThycoticのチーフセキュリティサイエンティストであるJoseph Carson氏は、「既成概念にとらわれない考え方をしたいと思う企業にとって、ハッカソンは非常に有益であり、従業員は本来の職務を越えたところで創造力を発揮できる」と語る。

(本記事は、TechRepublic Japanで2020年3月12日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]