従業員に成果を上げてもらうために考えるべきアプリケーション戦略のヒント

國分俊宏 (シトリックス・システムズ・ジャパン)

2020-06-15 06:30

 あらゆる企業の最高情報責任者(CIO)は、ビジネスにとっての機会を生み出す戦略的パートナーとしてのITの機能を強化し、デジタル化が進んだ職場を作り出すことを望んでいます。そして、IT環境から無駄をなくし、複雑さを解消し、エンドユーザーのエクスペリエンスを改善することも求められています。

 デジタルトランスフォーメーションにはビジネスのすべての分野が関わりますが、最も影響が大きく注力すべき分野はエンタープライズアプリケーション戦略です。

 アプリケーション戦略の再構築は、単にレガシーシステムから離れ、新しいSaaSを導入することを意味しません。自社の従業員とその日々の業務を徹底して見直し、最も大きな成果をもらうにはどうすれば良いかを判断することが求められます。

 ここでは従業員がさらにスマートに、またさらに効率的に働くことを支援する、エンタープライズアプリケーション戦略構築のためのヒントを5つ紹介しています。

1.従業員がどのように最も優れた成果を挙げ、生産性を高めることができるかを検証

 優れたエンタープライズアプリケーション戦略は、組織全体からのインプットに基づいて構築されます。言い換えれば、従業員がどのように自分の時間を過ごしているかを考慮する必要があります。

 ここでは機器やアプリケーション、ツールなど、従業員が仕事に使うすべてのチャンネルが対象となります。従業員による情報へのアクセスを簡略化し、生産性とエンゲージメントを高め、最終的に従業員エクスペリエンスを改善するには、企業のアプリケーションとデータに従業員が使用する全てのチャンネルからアクセス可能であることが求められます。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]