編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

「Windows 10 1903」以降で特定操作後にUSBプリンターが使えなくなる不具合

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-15 10:18

 先週Microsoftが月例セキュリティパッチを公開してから、さまざまなプリンターで問題が発生しているとの「Windows 10」管理者からの報告が増えているようだ。

 複数の管理者がRedditで報告したところよると、米国時間6月9日にリリースされた月例パッチ(「Windows 10 1903」「Windows 10 1909」向けの「KB4560960」と「Windows 10 2004」向けの「KB4557957」)をインストールした後、リコーやキヤノン、パナソニック、ブラザー工業などのプリンターで問題が発生しているという。

 一部の管理者は、月例パッチのインストール後、東芝やHPのプリンターでも問題が発生したことを報告している。

 Microsoftは10日、サポートノートを公開し、Windows 10 1903以降でUSB接続されたプリンターに影響を及ぼす問題について説明した。

 同社によると、Windowsバージョン1903以降をシャットダウンする際に、プリンターを外すか、または電源を切ると、USBプリンターポートが消失するという。ポートが消失すると印刷ジョブを実行できなくなるが、この問題は、コンピューターとプリンターが特定の順序でシャットダウンされた場合にのみ発生するという。

 「Windows 10バージョン1903以降にUSBプリンターを接続した後、Windowsをシャットダウンして、プリンターを外すか、または、電源を切ると、Windowsを再度起動した際に、そのUSBプリンターポートがプリンターポートのリストから消失している。そして、Windowsはそのポートを必要とするタスクを完了できなくなる」(Microsoft)

 特定のWindows更新プログラムがこの問題を引き起こしているのかについて、Microsoftは明言していない。また、それぞれのKBに関する記事でも、プリンター関連のバグは既知の問題のセクションに記載されていない。

 ただし、KB4560960とKB4557957のリリースノートには、「外部デバイス(ゲームコントローラー、プリンター、ウェブカメラなど)および入力デバイス(マウス、キーボード、スタイラスなど)を使用する場合のセキュリティを改善する更新プログラム」が含まれると記載されている。1903よりも前のバージョンのWindows 10を対象とするKBの記事には、それらのアップデートは記載されていない。

 この問題の影響を受けた一部の管理者は、Windowsアップデートをロールバックするか、プリンタードライバーを更新することで問題が解消したと報告している。ただし、Windowsを以前のバージョンにロールバックすれば、129件の脆弱性を修正した6月の月例パッチも削除される。

 Microsoftはサポートノートの中で、「Windowsを立ち上げる前に、電源が入ったUSBプリンターを接続することで、この問題を回避できる」と説明している。同社は今後のアップデートでこの問題を修正するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]