編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

SAPとハネウェル、ビル管理の最適化など支援するクラウドベースのソリューションで提携

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-15 11:20

 HoneywellとSAPは米国時間6月11日、財務データや運用データを組み合わせ、ビル管理を最適化する不動産アナリティクスプラットフォームの提供に向けた提携を発表した。

Honeywell,SAP

 今回の提携は、量子コンピューティングからIoTまでのあらゆるものを対象とするテクノロジープロバイダーに転身しようとしているHoneywellにとって、重要なマイルストーンだ。

 両社はこの提携により、「Honeywell Forge」と「SAP Cloud for Real Estate」を統合し、ビルの利用状況やサステナビリティーの指標を集中管理するダッシュボードを提供する。ビルのオーナーは通常の場合、複数の情報源からデータを取得する必要がある。両社の取り組みは、冷暖房空調設備(HVAC)の整備やセキュリティサービス、照明などの運用データを、利用状況やリース、メンテナンスを含むビジネスデータと組み合わせるものだ。

 この新プラットフォームは、メンテナンス性と快適性、サステナビリティーをバランスさせるために、人工知能(AI)による自律制御機能を搭載することになる。

 今回の提携は、新型コロナウイルス感染症による打撃を受けた経済を回復し、一部の従業員をオフィスに呼び戻す動きが見られるなかで実現された。多くの企業は、パンデミックを機にリモートワークの運用を拡大した結果、オンプレミスやリモートのハイブリッドなアプローチを計画している。そして企業は既に商用不動産にかかるコストの削減に目を向けており、今後は主要業績評価指標(KPI)を厳格にモニターしていくだろう。

 このダッシュボードは以下の特長を有することになる。

  • 情報テクノロジー(IT)と運用テクノロジー(OT)のKPIを測定する、事前に定義されたダッシュボード
  • カーボンフットプリントの削減と、エネルギー効率の向上、メンテナンス時間の削減といった目標に基づく年間エネルギー消費量の監視/削減機能
  • Honeywellが扱っているビル関連の情報と、SAPが扱っている不動産や財務関連の情報を融合させたデータアーキテクチャー
  • 人の快適さに基づくKPIと、エクスペリエンスに基づくKPI

 Honeywellの最高経営責任者(CEO)Que Dallara氏は、不動産に関するSAPとの提携を第一弾とし、他の市場への展開を進めていくと述べた。また同氏は、他のシステムやデータもこのプラットフォームに接続できるようにしていく可能性もあるとした。

Honeywell,SAP
提供:Honeywell
Honeywell,SAP
提供:Honeywell

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]