編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Zoom、エンドツーエンド暗号化を無料ユーザーにも提供へ

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2020-06-18 09:22

 ビデオ会議ツールを提供するZoomは米国時間6月17日、エンドツーエンドの暗号化をすべてのユーザーに提供すると発表した。以前はこれを有料ユーザー向けのプレミアム機能にするとしていた。

Zoom
提供:Angela Lang/CNET

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、仕事や社会活動に自宅から参加する人が増える中で、Zoomの利用者は急増した。しかし、注目が集まるとともに複数のセキュリティ上の問題が露呈し、エンドツーエンドの暗号化を採用しているとしていたZoomの当初の主張が事実ではなかったことが明らかになった。

 Zoomが当初、エンドツーエンドの暗号化を無料ユーザーの会議に追加しないことにしたのは、警察当局に協力できる体制を維持するためだった。しかし、米国時間6月17日にGitHubで公開された同社の新しいエンドツーエンド暗号化設計は、すべてのユーザーに提供されることになる。

 悪質なアカウントの大量作成を防ぐため、無料アカウントを持つユーザーが、Zoomのエンドツーエンドの暗号化を利用したい場合は、テキストメッセージによって電話番号を確認するなど、アカウントの本人確認をするための情報を提供する必要がある。

 Zoomは、エンドツーエンド暗号化機能のアーリーベータ版を7月にリリースする予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]