編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
企業買収

マイクロソフト、データモデリングを手がけるADRM Softwareを買収

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-19 09:01

 Microsoftは米国時間6月18日、大規模な業界データモデリングを手がけるADRM Softwareを買収したと発表した。買収金額は明らかにされていない。ADRM Softwareはノースカロライナ州チャペルヒルに本社を置いており、10年近く前からMicrosoftと世界各地で協力してきている。

Microsoft
提供: Microsoft

 ADRMが提供しているような大規模なデータモデルは、いわば情報の見取り図として世界各地の企業で用いられている。今回の買収を発表するMicrosoftのブログによると、ADRMはアナリティクスを目的として長年にわたってデータモデルを構築、洗練させてきているという。

 MicrosoftでAzure Global Industry担当コーポレートバイスプレジデントを務めるRavi Krishnaswamy氏は同ブログに「業界データモデルによって、組織はビジネスコンセプトの全体的な捕捉/定義や、プロセスの洗練/統合、エコシステムにおける相互運用性の確立が可能になる」と記している。

 ADRMの開発しているデータモデルには一般的に、エンティティーや属性、関係、ビジネスルール、エンティティーや属性の定義といったものが含まれている。ADRMのウェブサイトによると、それぞれの業界モデルは「Enterprise Data Model」(企業データモデル)や「Data Warehouse Model」(データウェアハウスモデル)とともに、おおよそ21〜30種類の「Business Area Model」(業務分野モデル)によって構成されているという。

 Microsoftは、顧客が組織内の複数の業務で活用できるデータレイクを生成できるよう、ADRMのモデルに、「Microsoft Azure」のストレージやコンピュートを組み合わせていく計画だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]