編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「Microsoft Teams」からオフィスの電話番号で外線通話--NTTコムが新機能

NO BUDGET

2020-06-19 16:41

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は6月18日、「Microsoft Teams」からの外線通話を可能にするサービス「Direct Calling for Microsoft Teams」において、7月末から「Arcstar IP Voice番号通知機能」の提供を開始すると発表した。

 Direct Callingは、Microsoft Teamsから050番号を使った電話の発着信を可能にするサービス。今回の機能追加では、企業向けIP電話サービス「Arcstar IP Voice」とDirect Callingを組み合わせることで、03や06などで始まる電話番号を相手先に通知することが可能になる。これにより、オフィスで利用中の電話番号をテレワークによる在宅勤務時にも利用できるようになる。

提供イメージ
提供イメージ(出典:NTT Com)

 この機能は、IP Voiceで使用している03や06などで始まるオフィスの電話番号の中から、通知用の番号をあらかじめ登録して利用する。また、IP Voice側でDirect Callingへの転送設定を行うことにより、オフィスの電話番号にかかってきた電話をDirect Callingで着信することもできる。

 オフィスの電話番号をテレワーク環境でも利用でき、ウェブや広告、名刺などで周知してきた電話番号を変える必要がない。また、Microsoft Teamsをインストールすることで、個人のスマートフォンから固定電話の番号で発着信が可能になる。通話料は会社への請求となるため、社員に負担をかけることがなく、テレワークに伴う経費精算の手間も不要となる。

 また、オフィスの電話番号をDirect Callingの発信番号として登録しておき、突発的な災害時にはオフィスにかかってきた電話をDirect Callingに転送する設定を行うことで、速やかにテレワークに切り替えることができる。転送の設定はポータルサイトで簡単に行うことができ、PBX(構内交換機)の工事など時間がかかる作業は不要だ。

 Arcstar IP Voice番号通知機能の利用料は無料。同機能を利用する際はDirect Callingの利用料金1ID当たり月額300円(税別)と、IP Voiceの利用料金および通話料金がかかる。Direct Callingの利用に当たってはMicrosoft Teamsの契約が必要。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]