編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

漏洩記録330億件--クラウドの設定不備による「損失額は推定5兆ドル」の意味

ZDNet Japan Staff

2020-06-20 08:00

 クラウドの不適切な設定が原因で発生した情報漏えいにより、全世界の企業が2018年と2019年に推定5兆ドルの損失を被ったことが、クラウドセキュリティ企業DivvyCloudの調査で明らかになった。

 DivvyCloudの「2020 Cloud Misconfigurations Report」では、米国時間2018年1月1日から2019年12月31日までに世界で公表されたすべてのデータ漏えいが調査対象となり、196件の漏えいの主な原因が、明らかにクラウドの設定不備であったことが確認された。

 多数の企業が適切なセキュリティシステムを用意せずにクラウド環境に移行しており、この2年間で漏えいした記録は330億件を超える。

 DivvyCloudの共同創設者で、最高経営責任者(CEO)を務めるBrian Johnson氏は、「近年はクラウドの不適切な設定から生じたデータ漏えいがニュースを賑わせているが、こうしたインシデントの大半は回避可能なものだ」と述べた。

 Ponemon Instituteが2019年に発表したレポートでは、漏えいした記録1件あたりの損失額の世界平均が150ドルとされており、DivvyCloudの研究者はこのデータを基に、クラウドの設定不備が原因のデータ漏えいによって過去2年間で発生した損失を5兆ドル超と推定した。

(本記事は、TechRepublic Japanで2020年3月16日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]