編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

労働力の「Uber化」も考慮--リモートワークで考えるべきポリシーの重要性

ZDNet Japan Staff

2020-06-21 08:00

 完全にリモートの仕事や在宅勤務のポリシーが、特にテクノロジー業界において増加している。451 ResearchのシニアアナリストであるRaul Castanon-Martinez氏は、一般に考えられているリモートワークの利点はその柔軟性であり、モバイルデバイスとクラウドベースのアプリケーションを活用することでリモートワークが可能になっている、と述べた。家にいても同じ仕事ができるとなれば、オフィスに出向くモチベーションは激減する。

 昔ながらのやり方で人員を配置している企業の場合は、業務時間の一部に限って従業員にリモートワークを許可し、事前確認することから始めている、とCastanon-Martinez氏は語る。しかし同氏は、やがてフルタイムのリモートワークに移行する人が増え、「労働力の『Uber化』」につながっていくと考えているという。

 確かに、Upworkの最新レポートでは、フルタイムで働く人の3分の1以上が今後10年間でリモートワークに移ると予想されている。現在は63%の企業で少なくとも一部の従業員がリモートワーカーとなっているが、大半の企業はリモートワークのポリシーを定めていない、と同レポートに記されている。

 とはいえ、ポリシーがないという状況は驚くべきことではない。「暗黙のポリシーや非公式のポリシーの方が一般的だ」とCastanon-Martinez氏は述べる。「その理由はおそらく、リモートワークを始めて間もない段階の企業が、試行錯誤をして経験を重ねている最中だからだろう」。リモートワークはまだ新しいコンセプトであり、企業はこれに適応していく必要がある。

 しかし、暗黙のルールは混乱を招きかねない。従業員がうまく業務をこなせるようにするには、働く場所がオフィスの中か外かを問わず、自分に求められることを把握する必要がある。リモートワークのポリシーが定められていないと、上司と部下との間で分断が生じるかもしれない。それは非生産的で無益なことだ。

(本記事は、TechRepublic Japanで2020年3月26日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]