KPMGとSASが連携--迅速なクラウド移行の支援に向けて

NO BUDGET

2020-06-22 20:01

 SASとKPMGは、北米、欧州、東南アジアに焦点を絞ったクラウドアクセラレーションセンターの設立計画を発表した。両社は同センターを起点として協力し、SASユーザーの迅速なクラウド移行を支援していく。

 これらのセンターでは、現在グローバル企業が直面している課題への積極的な対応として、設計からアーキテクチャー、実装に至るまでのクラウド移行過程を、費用対効果に優れた方法で迅速に進めるための支援を行っていくという。

 同センターは、多くの専門領域からなるチームが結集する高いコラボレーションとテクノロジーに対応した環境となっており、センター内のチームは、独自のクラウド環境を導入している顧客や、他のクラウドベース管理サービスを採用している顧客をサポートする。

 SASはクラウドベースのSAS infrastructureの導入によって、顧客はすぐに利用可能な多数のクラウドソリューションとマネージドサービスによって、会計上の変更やアンチマネーロンダリング、調達取引における継続的なモニタリングなどのメリットを獲得するとしている。

 またSAS infrastructureがSAS Model Managerと連携することで、不正行為への対処やリスクの軽減に役立つ優れた知見をデータから引き出すとした。同時に、アナリティクス/AI(人工知能)を構築・管理・デプロイ・統制して、モデルの十分な理解と本番環境への迅速な導入を確保することになるという。

 KPMGは、SASユーザーのクラウド移行をサポートする実務担当者を全世界に400人以上擁しており、新設するセンターとともに、KPMGのプロフェッショナルは引き続き、SASユーザーがクラウドへの移行から多くの価値を引き出すことができるように支援していくとしている。

 さらにKPMGは、現在のような新型コロナウイルスの感染拡大期において特に有用な不正調達対策(Procurement Integrity)とアンチマネーロンダリングコンプライアンスなどのソリューションを含む、現行のソリューションポートフォリオを強化するべく、コラボレーション向上を促進していくという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]