編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Microsoft Teams」モバイル版にコンシューマー向け新機能--当面はプレビュー版で

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-24 13:26

 Microsoftは、3月に「Microsoft 365 Personal/Family」のサブスクリプションについて発表した際に、モバイルアプリ版の「Microsoft Teams」にコンシューマー向けの新機能を追加する計画があることを明らかにしていた。同社は米国時間6月22日、このTeamsのコンシューマー向け新機能を、プレビュー版として順次リリースすると発表した

Microsoft Teams
提供:Microsoft

 コンシューマー向けの新機能は、既存のTeamsアプリに追加されるもので、コンシューマー向けに新バージョンのTeamsアプリがリリースされるわけではない。Microsoftによれば、これらの新機能を追加する目的は、個人やグループ、家族などの多様な立場でコミュニケーションを行う人のために、1カ所でさまざまな機能がそろう「ハブ」を提供し、個別のツールをバラバラに利用する必要性を減らすことだという。

 現時点で判明している新機能には、チャット/メッセージング、ビデオ通話、グループ内でリスト/ドキュメント/カレンダーを共有する機能、Teamsアプリ内でWord/Excel/PowerPointのドキュメント(OneDriveに保存)を共同編集・ファイル共有する機能、位置情報の共有機能、Teamsに付属する「Teams Safe」を使用して、パスワードやログイン情報などの重要情報を保存・共有する機能などがある。Teams Safeは「OneDrive Personal Vault」とは別の機能で、Teamsのモバイルアプリからのみアクセスでき、ファイルや写真、動画などは保存できない。

 これらのコンシューマー向け機能は、現時点では無料で提供される予定だ。ただし、将来、Microsoft 365 Personal/Familyのサブスクリプション契約を必要とするプレミアム機能が追加される可能性もある。これらのコンシューマー向け機能は、2020年中にWindows版のデスクトップアプリとウェブ版にも追加される計画だという。

 これらの新機能のプレビュー版は「今後数週間」かけて順次ロールアウトされる。新しいコンシューマー向け機能の一般提供は2020年中に開始される予定だ。これらのプレビュー版の機能は、中国では当面提供されない。Microsoftは、その理由を公表しておらず、今後提供される可能性はあるのか、提供される場合時期はいつ頃になるのかも明らかにしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]