編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

伊藤忠ケーブルシステム、「Oracle Cloud」で顧客管理システムをクラウド化

NO BUDGET

2020-06-25 22:55

 日本オラクルは、伊藤忠ケーブルシステムが「Oracle Cloud Infrastructure」を採用し、同社が提供するケーブルテレビ(CATV)業界向け顧客管理システム「Symphonizer」のクラウドサービス基盤を構築したと発表した。

 クラウド版のSymphonizer稼働後は、複数のユーザー企業から「3カ月未満の短期間でシステム更新を完了、クラウド構築により導入コストも抑えられた」「Symphonizerを従来の環境からクラウド版に移行したところ、月次処理にかかる時間が3分程度にまで短縮され、業務が効率化した」といった声が届けられているという。

 同社は、CATVからCS/BS放送、地上波局、映画業界、ポストプロダクション、通信会社など幅広い分野・業界において、映像、通信、音響を専門とするワンストップソリューションプロバイダーとしてサービスを展開している。Symphonizerは、顧客、契約、機器、工事、請求、入金管理、経理計上をはじめとする基幹機能に加え、CATV業務全般に関わる機能を備えているという。

 Symphonizerのユーザー企業からは昨今、CATV事業のサービス多様化に伴い、その変化や提供サービス拡大への柔軟な対応、ハードウェアの障害などによるダウンタイムの最小化、管理コストの低減など、多くの要望が上がっていた。

 そこで同社は、オンプレミスで提供していたSymphonizerをクラウド化することにした。複数のパブリッククラウドを比較検討した結果、クラウドサービス基盤としてOracle Cloud Infrastructureが選定された。「Oracle Cloud」の東京と大阪リージョンを活用し、全国のCATV事業者にSymphonizerのクラウド版を展開していく。

 Oracle Cloud Infrastructureを選定した理由には、性能やコスト効果のほか、CATV事業者に月額定額課金を設定できる変動の少ないIaaS(Infrastructure as a Service)料金体系、セキュリティの向上や運用管理の複雑さを軽減するコンパートメント機能が挙げられている。コンパートメント機能はOracle Cloud Infrastructureのリソースをグループ化・セグメント化するもので、IDベースのアクセス管理でクラウド管理者による厳密な管理を可能にするという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]