編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「WaveMaker」が語るローコードの利点--事業部門とのコラボがもたらす未来

ZDNet Japan Staff

2020-06-27 08:00

 Gartnerによると、ローコード開発2024年までに65%以上のアプリケーション開発で使われるようになるという。

 ソフトウェア企業WaveMakerの製品管理担当シニアディレクターであるMayur Shah氏は、ローコードプラットフォームによって事業部門と開発者のコラボレーションが進み、ビジネスに長期的な影響が及ぶ可能性があると述べた。

 「新しいアプリケーションを開発する際に、関係者とソフトウェア開発者が繰り返し協力して取り組めることが、ローコードプラットフォーム特有の利点だ」と同氏は語る。

 このようなビジュアル的な操作によるソフトウェア開発は、マーケティング部門や経理部門を越えて、ソフトウェア開発者の手に戻りつつある。テクノロジーが専門ではない事業部門向けに作られたローコードプラットフォームもあるが、WaveMakerの製品は、アプリ開発プロセスを簡便化することで、IT部門の生産性を高められるように設計されている。

(本記事は、TechRepublic Japanで2020年3月6日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]