編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「A12Z Bionic」チップ搭載2020年版「iPad Pro」は仕事に使えるか?

ZDNet Japan Staff

2020-06-28 08:00

 「A12Z Bionic」プロセッサーチップを搭載した2020年版「iPad Pro」は、iPadタブレット史上最高の性能を持つ。このチップには8コアCPUと「Neural Engine」が搭載されており、Appleによると、新型iPad Proはほとんどの「Windows」ノートPCよりも強力で高速だという。

 CxOやITリーダー、その他のビジネスパーソンがAppleの2020版iPad Proについて把握できるように、最も重要な詳細情報をこの入門記事にまとめた。

どんなものなのか

 iPad Pro 2020は、AppleのProシリーズの最新iPadだ。ラインアップには、他に標準のiPad、「iPad mini」「iPad Air」がある。12.9インチのスクリーンを搭載した初代iPad Proは、2015年に発表された。2016年には9.7インチモデルが発表され、2017年には第2世代のiPad Proシリーズ(12.9インチモデルと10.5インチモデル)が登場した。1つ前のiPad Proは2018年に発売されたモデルだ。

 Appleは米国時間2020年3月18日、新型「MacBook Air」とともに新型iPad Proを発表した。Microsoftの「Surface Pro」やGoogleの「Pixelbook Go」といったライバル製品との競争力を高めるため、アップデートされたiPad Proにはビジネスユーザーへのアピール強化が見込まれる新しいハードウェア機能とソフトウェア機能が搭載されている。

(本記事は、TechRepublic Japanで2020年3月27日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]