グーグル「Bare Metal Solution」に新リージョン、年内に東京にも

Stephanie Condon (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2020-06-30 12:00

 Google Cloudは米国時間6月29日、同社の「Bare Metal Solution」の提供リージョンを5つ追加したと発表した。2020年末までにさらに4つのサイトを追加するという。2019年11月に初めて発表された同ソリューションは、「Oracle Database」などの特定ワークロードを「Google Cloud」の近くで実行するために必要なハードウェアを提供するというものだ。

 
 

 Bare Metal Solutionの提供を今回開始したリージョンは、バージニア州アシュバートン(us-east4)と、ドイツのフランクフルト(europe-west3)、英国のロンドン(europe-west2)、カリフォルニア州ロサンゼルス(us-west2)、オーストラリアのシドニー(australia-southeast1)だ。また2020年末までにオランダのアムステルダムと、ブラジルのサンパウロ、シンガポール、東京でも利用可能になる予定だ。

 Bare Metal Solutionは、一般的にはクラウドへの移行が難しいとされている、ミッションクリティカルなワークロードを抱える企業に向けたソリューションだ。これによって、コンピュートやストレージ、ネットワーキングとともに電力や冷却能力、施設を含む、フルマネージド型のインフラがもたらされる。このインフラは、Google Cloudのデータセンター内にあるハードウェアを用いるのではなく、Google Cloudへのレイテンシーが2ミリ秒未満となる地域の拡張施設に配備される(その点で一般的なベアメタルクラウドサービスとは異なっている)。たいていの場合、レイテンシーは1ミリ秒未満となる。

 このインフラとは低レイテンシーの「Dedicated Interconnect」によって接続され、Google Cloudのすべてのネイティブなサービスに接続できる。

 このソリューションは、多くのエンタープライズアプリケーションの動作が保証されているOEMハードウェアを使用し、迅速な移行を可能にするための自動化ツールも提供する。専用サーバーは第2世代の「Intel Xeon Scalable Processor」をベースにしており、16〜112のコアと、3TBのDRAMを利用できるようになっている。

 Bare Metal Solutionはサブスクリプション型の価格モデルで提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]