マネージャーを目指すエンジニアのためのビジネスナレッジ

「戦わずして勝つ」--プロダクトが進むべき道をどう描くのか

末永昌也 (グロービス)

2020-07-03 06:00

 プロジェクトを統括し、進行を管理するプロダクトマネージャー(PdM)。コストやスケジュール、人員管理など、調整する場面も多い。さらに、PdMに求められるのが、プロダクトを正しい方向に導くために必要なスキルだ。

 「競合サービスがこの機能を入れているので同じ機能を入れる」といった意思決定では、 次第にコスト競争に陥ってコモディティー化し、結果としてチームも疲弊する。経営戦略の知識を身に付け、外部環境や業界状況を分析、理解することでプロダクトが進むべき道を描くことができる。

 全3回にわたりビジネスナレッジの動画学習サービス「グロービス学び放題」などを提供するグロービス・デジタル・プラットフォームの開発マネジメント責任者の末永昌也氏が、PdM・エンジニアが今学ぶべきビジネス知識について紹介していく。最後となる今回は、特にPdMを目指すエンジニアに末永氏が贈りたい、ビジネスにおける戦略の考え方がテーマだ。

「戦わずして勝つ」、開発チームにおける戦略の重要性

 世の中に出たサービスを模倣してサービスを作っていくことが、ままある。しかし、そうした意思決定の未来は、同じようなサービスや機能が乱立し、結局は資本力を持つプレイヤーの勝利だ。

 チームが消耗しないためにも身に付けたいのが、経営戦略の考え方である。「戦略」とは「戦」を「略」すと書く。その名の通り、いかに戦いを省略し、戦わずして勝つかという考えだ。それを実現するには、プロダクトの競争優位を築く必要がある。そこで、コスト低減の5つのメカニズムを押さえておきたい。それは、「規模の経済性」「密度の経済性」「範囲の経済性」「ネットワークの経済性」「習熟効果」ーーである。

 そのうちの1つを説明すると、「規模の経済性」は、事業規模を大きくするほど単位当たりのコスト(固定費)が小さくなり、競争上有利になる効果を意味する。ITシステム導入をする時にも、規模を生かせなければ、システム導入のコスト回収ができない。

事業規模を大きくすることでコストは低減する(出典:グロービス学び放題「規模の経済性」)
事業規模を大きくすることでコストは低減する(出典:グロービス学び放題「規模の経済性」)

 つまり、注力すべき市場メカニズムを特定し、競合と競争するのではなくコツコツと競争優位を築いていくことで、結果として競合に対して強いポジションをとることができる。まさに「戦わずして勝つ」である。

 開発者も、こうした経営戦略を頭の片隅に置いておくことで、チームの疲弊やプロダクトのコモディティー化を未然に防ぐことができる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]