編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

グーグル「G Suite」、「Connected Sheets」がGAに--AI活用のSheets新機能も発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-07-01 12:13

 Googleは米国時間6月30日、「G Suite」ユーザーに向け、「Connected Sheets」の一般提供(GA)を開始したと発表した。これによりユーザーは「Google Sheets」内で膨大なデータセットを取り扱えるようになる。「G Suite Enterprise」「G Suite Enterprise for Education」「G Suite Enterprise Essentials」向けにロールアウトを開始している。またGoogleは、Sheets向けに今後提供する新しいインテリジェントな機能についても発表している。

 G SuiteのConnected Sheetsは2019年に発表された。ユーザーはConnected Sheetsを用いることで、Sheetsとデータウェアハウス「Google BigQuery」を接続できるようになるため、何十億にものぼる行や、ペタバイト規模のデータを、SQLスクリプトを使わずに分析できるようになる。ユーザーは、ピボットテーブルグラフ数式などの使い慣れたSheetsのツールを活用し、大規模なデータセットを分析できる。

 また同社は年内に、人工知能(AI)を活用したより多くの機能をSheetsに搭載していく計画だ。そういった機能の1つである「Sheets Smart Fill」は、列間のパターンを検出し、データ入力を自動補完するというものだ。例えば、フルネームが保持された列を作り、別の列にファーストネームを入力すると、Smart Fill機能がそのパターンを検出し、その列の残り部分を埋めてくれるようになる。

 さらに同社は、「Sheets Smart Cleanup」という機能も近日中に追加する予定だ。これによりユーザーは、自らのデータの整合性を保ち、エラーを排除できるようになる。Sheetsはデータのインポート時に、重複行の削除や数値フォーマットの問題解決などを提案してくれる。またこの機能によって、列内で最も多く使用されている値などの列統計が提供されるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]