編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Windows 10」のテストビルド「Build 20161」を公開--新しいスタートメニューなど披露

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-07-03 10:20

 Microsoftは米国時間7月1日、「Windows 10」のテストビルド「Build 20161」をDevチャネル(旧Fastリング)のテスターに公開した。さまざまな新しい機能のほか、多数の修正やアップデートが含まれている。

Microsoft
提供:Microsoft

 スタートメニューには、ライト/ダークのテーマに合わせたタイルに変更して、よりすっきりしたデザインを提供している。これまでは、アプリリストのロゴの背景にあるバックプレートが、単色で塗りつぶされていたが、タイルの背景を部分的に透明なデザインに変更した。

 またChromiumベースの「Microsoft Edge」ブラウザーで、「Alt+Tab」キーを押した際に、各ブラウザーウィンドウでアクティブになっているものだけでなく、開いている全てのタブが対象に含まれるようになった。表示するタブの数を減らしたい、従来の操作挙動を維持したいというユーザーは、「設定」>「システム」>「マルチタスク」で変更できる。

 Microsoftは、新たにアカウントを作成したユーザーや最初にログインした場合に限り、タスクバーをカスタマイズするオプションを提供する。このオプションは、既存アカウントのタスクバーのレイアウトを変えることはない。同社のブログ記事によると、Android端末を連携しているユーザーや、Xbox Liveのアカウントを持つユーザー向けのレイアウトがある。

 さらにこのテストビルドでは、Windows 10の通知方法を改善した。上部にアプリのロゴを表示して、どのアプリの通知なのかすぐに分かるようにした。ユーザーは個々の通知の右上にある「X」をクリックして通知を削除できる。また、通知を一時的に遮断するFocus Assist(集中モード)とトースト通知(通知バナー)をデフォルトでオフに変更しているが、設定で元に戻すこともできる。

 同社は、コントロールパネルの機能を設定画面に移行する作業を続けている。このビルドでは、コントロールパネルにある「システム」の情報を、設定の「バージョン情報」に移行しており、これまで「システム」を開いていたリンクは「バージョン情報」にリダイレクトされる。またデバイス情報をコピーする機能なども追加された。

 なお、Microsoftの関係者によると、Devチャネルのテストビルドに追加された機能は試験的なもので、「Windows 10 21H1」に含まれるとは限らないという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]