アクセンチュアと会津大学、スマートシティー間のデータ連携基盤を整備へ

ZDNET Japan Staff

2020-07-06 15:42

 アクセンチュアと会津大学は7月6日、スマートシティー間や産業間で円滑なデータ連携を可能にするための共同研究を実施すると発表した。

 この取り組みでは、スマートシティーのデジタル基盤となる「都市OS」を活用する際に必要な標準APIの一覧を公開するウェブサイトを構築するほか、都市OSと標準APIの利用や活用のために、行政システムにおける人工知能(AI)の活用や市民の行動変容を促すコミュニケーションのあり方などの研究も進め、会津若松市をモデルケースとしたスマートシティーの推進環境を発信していく。

 構築するウェブサイトでは、全国の自治体や企業、まちづくりに関わる関係者がスマートシティーに取り組む際に活用可能なアプリケーションやデータ連携のためのAPIのリストを公開する。標準APIの採用により都市OSの相互接続が可能になり、地域間や分野間のデータ連携がスムーズになり、スマートシティーの推進に大きく貢献することが期待できるという

 このサイトは会津大学がアドバイスし、アクセンチュアが会津大学先端ICTラボのクラウドに構築して機能更新や拡張が可能な環境を整えるとしている。

スマートシティリファレンスアーキテクチャで定義すべき事項と取り組みの範囲(内閣府資料をもとにアクセンチュアが作成)
スマートシティリファレンスアーキテクチャで定義すべき事項と取り組みの範囲(内閣府資料をもとにアクセンチュアが作成)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]