編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Zoom、ビデオ会議用の機器を月額で提供するサービスを開始

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-07-08 13:01

 Zoom Video Communicationsは米国時間7月7日、ビデオ会議ハードウェアメーカー4社と提携し、Zoomのソフトウェアを導入済みのハードウェアを月額料金のみでサービスとして利用できる、「Zoom Hardware as a Service(HaaS)」の提供を米国で開始した。この製品は、企業がより手軽に「Zoom Rooms」や「Zoom Phone」を利用できるようにすることを目指している。

 ハードウェアを提供するのは、DTENNeatPolyYealinkの4社だ。利用者側が負担するのは定額の月額料金だけで、料金はハードウェアの機種やZoomから受けるサポートの種類によって変わる。NeatとDTENには、以前からZoom専用に設計されたハードウェアを提供していた経緯がある。Zoomのビデオ会議サービスは、新型コロナウイルスの感染拡大によりリモートワークが増え、需要が大きく拡大したことで有名になった。

 今回の取り組みの背景には、2019年12月にLifesizeが「Rooms-as-a-Service」をリリースしたことがある。LifesizeのRooms-as-a-Serviceも、ハードウェアとソフトウェアをサービスとして一体として提供するもので、利用料金は最も安価な小規模会議室向けが月額99ドル(約1万1000円)、最上位サービスの会議室向けが月額199ドル(約2万1000円)となっている。ただしLifesizeは、ハードウェアとソフトウェアの両方に自社製のものを使用している。

 ポイントとなるのは、今後、ビデオ会議業界の多くの企業が、同様の「サービスとしてのハードウェア」プランの提供に参画する可能性が高いということだ。Cisco WebExなどもサブスクリプションプランを提供する可能性が高く、「Microsoft Teams」も、Microsoftが抱えているハードウェアエコシステムや、Dell、HP、レノボなどのメーカーとパートナーシップを組んでくるだろう。「Google Meet」はすでに「G Suite」のサブスクリプションにバンドルされているが、ハードウェアメーカーと協力することは可能であり、「Amazon Chime」にも同じことが言える。

 Zoom HaaSの利用料金は、ハードウェアによって異なる。例えばZoom Phoneの場合、「Poly VVX 250」であれば月額5.99ドル(約640円)だが、「Yearlink CP960」は月額50ドル(約5400円)だ。Zoom HaaSの料金には、ソフトウェアのライセンス費用は含まれていない。

 Zoom Rooms HaaSの料金は、全般的にZoom Phoneよりも高くなっている。Zoom Rooms用ハードウェアの場合、「Neat.Pad」コントローラー付きの「Neat.bar」は月額110ドル(約1万2000円)であり、Polyの製品は月額100~150ドル(約1万1000~約1万6000円)となっている。

料金表
提供:Zoom HaaS PDF

 Zoom HaaSには、他の「サービスとしてのXX」と同じように、初期費用が少なく、経費が事前に予想しやすく、スケールアップやスケールダウンが容易で、サポートも受けられるという利点がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]