編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

野村総研、「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」で自社DC内に専用リージョンを構築

NO BUDGET

2020-07-13 07:20

 日本オラクルは7月9日、野村総合研究所(NRI)が世界で初めて「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を採用したと発表した。

 Oracle Dedicated Region Cloud@Customerは、顧客のデータセンター内に専用のOracle Cloudリージョンを構築するマネージドサービス。NRIは自社のデータセンター内で統制を確保しつつ、Oracle Cloudで提供されるサービスを利用することができる。

 NRIは、第1フェーズとして金融業向けSaaS型ソリューションを、オンプレミス環境からOracle Dedicated Region Cloud@Customerへ移行する。自社データセンター内に環境を構築することで、NRIがこれまでSOC2やFISCなどを基準に整備してきた高度な金融統制を維持しつつ、オラクルが提供する多くのクラウドサービスやツールも活用することができ、顧客へのビジネス価値向上に寄与できると評価した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]