編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

NTTドコモ、1万以上の機器の運用自動化でレッドハットのAnsible導入

ZDNet Japan Staff

2020-07-14 13:54

 NTTドコモは、ISPサービス提供基盤「CiRCUS」「MAPS」を含むシステムで利用する1万以上の機器の開発や運用を自動化するために、レッドハットの「Red Hat Ansible Automation Platform」を導入する。2022年までにコストと作業工数を半減させるという。

 Red Hat Ansible Automation Platformは、大規模システムの運用などを自動化する製品。サーバーやネットワーク、ストレージ、クラウド環境、セキュリティ対策、アプリケーションの構成管理、プロビジョニング、デプロイなどのITプロセスを自動化する。企業は複雑なIT環境の運用負荷などを軽減しダウンタイムを削減できるとする。

 ドコモがAnsibleを適用するCiRCUS/MAPSのシステムは、個人向けインターネット接続サービスの提供基盤。2015年にレッドハットの「Red Hat OpenStack Platform」を使ったクラウド基盤として構築されており、運用効率化に向けて同じレッドハットのAnsible Automation Platformを導入しやすいこともあった。

 ドコモでは、ストレージやサーバー、ネットワーク、OSのセットアップや更新、設計などのインフラ開発作業を自動化してデリバリーに要する期間を短縮させる。自動化と社内制度やプロセスも見直し、今後数年間でこの期間を半分以下できる試算だという。継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)によるインフラ運用ライフサイクルを実現することで、2021年には今回の投資費用を上回る効果を見込んでいる。

 現在の同社は、まず自動化に向けてOSのインストールや仮想マシンの払い出し、アプリケーションのテストからデプロイまでの作業手順をPlaybook化させており、レッドハットのコンサルタントも支援しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]